Nahoko Shigehara

awai curator cafe @ ZSO#33

今週末、11/29(日)の『ZUBAKURO STOCK OPEN 33』に、異業種カフェの出店が決まりました。

awai curator cafe

今回は、『 awai 』の茂原さんがコーヒーを淹れてくれます。
茂原さんは、信大在学中のゼミで現代美術の「キュレーション」を学び、卒業後も市内の空きビルを使った美術展を友人たちと企画開催したり、その後もさらに経験を積むべく東京の美術館やギャラリーに勤務しながらいくつかの地域型アートプロジェクトの実行委員や事務局も勤めてきました。

そしてついに、松本でアートセンター(コレクションをもたない美術館のようなもの)を立ち上げるため、今年5月に長野に戻り、着々とその準備を進めているところです。只今、それに適したほどよく古ぼけた物件を街中歩き回りがんばって探しています。心当たりのある方は、情報をお寄せいただけるととても嬉しいです。

松本は、民芸・工芸・クラフトが充実している分、それに押されてアート・デザインのコンテンツが弱いな、と前々から思っていました。なので、茂原さんには素敵なアートの場を作ってもらって、これまで松本になかった新しいものを発信してもらいたいと期待しています。

ストックオープンのカフェサービスはいつもの通り無料です。
どうぞお気軽にご利用いただき、アート話に耳を傾けてみましょう。

■『異業種カフェ』とは?

ストックオープンにて不定期に開催される、その日限りの架空のカフェです。燕店主・キタヤとつながりのある、なにかしら面白い仕事・活動をしている人を呼んでコーヒーを淹れてもらい、「こんなユニークな人たちが松本にいるんだ」と知ってもらうための企画。基本的にコーヒーに関しては素人な人がほとんどなので、おいしいかどうかは保障しません。でも、コーヒーを介すると、そこだけほんわかした空間になり不思議と会話が生まれます。あまり人前に露出されることのない業種の人たちなので、お客様にとってもコーヒーを飲みながら普段なかなか知り得ない分野の話を聞けるいい機会だと思います。基本、コーヒーは無料サービスです。