© 2015 zubakuro. All rights reserved.

『まつもと古市』伝説の第一回。

昨日4/19(日)、松本市街地で開催された『まつもと古市 #01』に出店してきました。

早朝は快晴だったものの、次第に暗い雲が広がり、お昼前からついに雨がぱらぱらと、、、。
そんな生憎の天気となってしまいましたが、まだそれほど雨も強くなかった午前中は、とてもたくさんのお客さんに来場していただき、どのお店もお客さんの対応でいっぱいいっぱい。僕も他のお店を気にする余裕もなく、ちょっと一息付けたところで時計を見上げれば、あっという間に12時。たくさん友達も来てくれたし、燕の顔なじみのお客さんもいれば、ふらりと立ち寄ってくれた観光客のお客さんもいたし、外国人の方もちらほらと。話をすれば、みなさん楽しんで買い物をしているのが伝わってきて、それが伝染して、こっちもさらに楽しめました。

「こうゆう市場が松本に欲しかった」「ぜひ毎月続けて欲しい」とお客さんからの嬉しい声も聞けましたし、出店者からも「楽しかった」「いいお客さんばかりだった」「この場所がいいよね」と、とてもいい反応で、一回目としては大成功だったんじゃないかと思います。

少しずつ雨も強くなり、14時以降くらいはかなりお客さんもまばらになりましたが、もうその時点で十分満足。伝説の第一回には、雨や嵐がつきものなので、これはこれでよし。それにしてもみんな随分と格好よく出店してたな。うちももうちょっと出店スタイル考えよう。

トップ画像は、最近お店でも僕が猛プッシュしていたので、知っている人も多い熊の木彫り。買ってくれたのは、たぶん松本で一番有名な“詩人”のあの人。さすがお目が高い!

『まつもと古市 #02』は5/17(日)を予定しています。出店数も増えそうです。今回の出店者たちも「次も喜んでもらえるように仕入れがんばらないと」と意気込んでいました。古道具は基本一点ものなので、毎回が一期一会。今回来られた方も来られなかった方も、また5月にお会いしましょう。

20150420b
20150420f
20150420a
20150420e
20150420d