© 2019 zubakuro. All rights reserved.

SWISS COFFEEANDPLANTS CAFE @ ZSO JANUARY 2019

今月も昨日24日からストックオープンが始まっています。(28日(月)までの5日間)
初日は平日にしてはたくさんお客さんが来てくれましたが、今日はさっぱりでした。。
明日も雪が降るそうなので期待薄ですが、日曜日はぜひ倉庫に!

なぜなら、こんな寒い中、27日(日)は久しぶりの異業種カフェがやってきます。

SWISS COFFEEANDPLANTS CAFE 』。

今回は名前そのままですが、なんと京都の人気カフェ『 SWISS coffee and plants 』さんがコーヒーを淹れてくれます。自家焙煎の豆を使って丁寧に淹れてくれるコーヒーは美味しくないわけがありません。しかもいつも通りの無料サービス!

SWISSオーナーの佐藤さんと和さんはお店を始める前はもともと山梨や長野で仕事をしていて、実は燕が街中に店舗を構えていた頃何度か来ていただいたことがあり、その後もなんとなくゆるーく繋がっていたのですが、去年から佐藤さんが長野にも拠点を持ったことでまた倉庫やイベントでお会いする機会があり、今回のオファーに至りました。

人気カフェがわざわざ寒い倉庫でコーヒーを淹れなくても、と思いますが、そこが佐藤さんの人柄ですね。「楽しそうなんで大丈夫!」と快くOKしてくれました。今後は長野でも豆の焙煎&販売など活動を始めていくそうで、また一つ美味しいコーヒーを飲める場所ができそうで楽しみです。

焚き火にあたってコーヒーを飲みながら、焙煎の話、京都暮らしの話など聞いてみましょう。

ストックオープンのカフェサービスはいつもの通り無料です。
どうぞお気軽にご利用ください。

■『異業種カフェ』とは?

ストックオープンにて不定期に開催される、その日限りの架空のカフェです。燕店主・キタヤとつながりのある、なにかしら面白い仕事・活動をしている人を呼んでコーヒーを淹れてもらい、「こんなユニークな人たちが松本にいるんだ」と知ってもらうための企画。基本的にコーヒーに関しては素人な人がほとんどなので、おいしいかどうかは保障しません。でも、コーヒーを介すると、そこだけほんわかした空間になり不思議と会話が生まれます。あまり人前に露出されることのない業種の人たちなので、お客様にとってもコーヒーを飲みながら普段なかなか知り得ない分野の話を聞けるいい機会だと思います。基本、コーヒーは無料サービスです。