© 2018 zubakuro. All rights reserved.

MODERNISM REOPEN CAFE @ ZUBAKURO STOCK OPEN NOVEMBER 2018

今月も23日からストックオープンが始まっています。
三連休の週末とあって、今月は遠方から来ていただくお客様が多いですね。長野・松本に旅行で来てるんだけど、古道具屋さん調べてみたらたまたまストックオープンてのがやってるみたいだから来てみました、とか。
日曜日もそんな風に気軽に倉庫に立ち寄ってもらえたらと思います。

そしてそして、明日25日(日)は、久しぶりの異業種カフェが登場します。

MODERNISM REOPEN CAFE 』。

以前、中町通りを東に抜けたあたりにお店を構えていた古着屋『 modernism 』さん。
しばらくお店はお休みしていたのですが、この秋10月10日に2年間の沈黙を経て人知れずさらっと再オープンしていました。

場所も、あがたの森公園西側の通りに移り、空いていた事務所物件を自分でコツコツとリノベーションしたもの。決して広くない店内には古着や雑貨がぎっしり。アウトドア系も積極的に取り入れ、以前とは少しテイストも変わった新生モダニズム、どうぞ一度覗きに行ってみてください。見応えありますよ。
ただし開店が22時(閉店0時くらい)とユニークな深夜営業スタイルなのでご注意を。

ストックオープンにも少し商品を持ち込んで販売してくれるそう。
モダニズムオーナーのカッキーこと垣内さんは、昔ジャニーズの某有名アイドルのスタイリストをしていたこともある実力派です。コーヒーを飲みながらそんなスタイリスト時代の話も聞けるかもしれないですね。

あ、垣内さんは普段コーヒーを自分で淹れることはないみたいで、今回ばかりは本当に味には期待しないでください。。

ストックオープンのカフェサービスはいつもの通り無料です。
どうぞお気軽にご利用ください。

■『異業種カフェ』とは?

ストックオープンにて不定期に開催される、その日限りの架空のカフェです。燕店主・キタヤとつながりのある、なにかしら面白い仕事・活動をしている人を呼んでコーヒーを淹れてもらい、「こんなユニークな人たちが松本にいるんだ」と知ってもらうための企画。基本的にコーヒーに関しては素人な人がほとんどなので、おいしいかどうかは保障しません。でも、コーヒーを介すると、そこだけほんわかした空間になり不思議と会話が生まれます。あまり人前に露出されることのない業種の人たちなので、お客様にとってもコーヒーを飲みながら普段なかなか知り得ない分野の話を聞けるいい機会だと思います。基本、コーヒーは無料サービスです。