© 2016 zubakuro. All rights reserved.

hacomori madonna cafe @ ZSO#53

すでにお知らせしている通り、今週末の10/30(日)、四賀村の燕倉庫にて『 ZUBAKURO STOCK OPEN 53 』を開催します。そして今回、久しぶりに異業種カフェが登場します。

hacomori madonna cafe

まつもと古市』ですっかりお馴染み、hacomori店主・ハルさんによるカフェ出店です。
古市に行ったらまず『 hacomori 』から、という人、多いんじゃないでしょうか?そんな誰もが認める古市一の人気店だけに、お客さんの方もハルさんと仲良くなりたかったり聞きたいことがあっても、忙しそうで古市会場ではゆっくり話せる機会がなかったかと思います。そんなhacomoriファンの女性陣のみならず、男性陣も『古市のマドンナ』とお話しできるチャンスですよ。この日は、長野市の『ヤマとカワ珈琲店』の自家焙煎豆によるコーヒーと、失敗しなければ手作りりんごケーキを用意してくれるそう。コーヒーは2週間前から練習しているということで(真面目!)、味の方も期待していいんじゃないでしょうか。

ストックオープンのカフェサービスはいつもの通り無料です。
どうぞお気軽にご利用ください。

そして、実はあと二つ、hacomori絡みのお知らせがあります。

一つ目。
燕倉庫のすぐ近く『 kajiya 』さんに10/28(金)〜11/20(日)の期間(kajiyaさんは金土日のみ営業)、『 hacomori 期間限定shop 』がオープンします。hacomoriさんはイベント出店を基本とした古道具屋さんなので、期間限定ではあるものの、松本でいつでもhacomoriアイテムが見られる場があるのは嬉しいことですね。11/6(日)には、hacomori店主・ハルさん自身がお店に立つそうです。どうぞお楽しみに。

二つ目。
実は、燕も協力してある企画が水面下で進行しています。その名も『 hacomori stock open 』。
なんか聞き覚えありますね。そう、hacomoriさんの倉庫(TOP画像がそれ)を開放してお客さんに遊びに来てもらおうという企画です。詳細は追って『hacomori facebookページ』にてお知らせしますが、一番のポイントは、この『hso』誰でも参加出来るわけではありません。招待制となっています。行きたい人はハルさんに直接誘ってもらって、地図付きチラシをゲットする必要があります。なので、10/30のストックオープンや11/6の期間限定shopは、その数少ないチャンスです。興味のある方は、そこでさりげなく「hso行きたい!」アピールをしましょう。

今回、ちょっとお知らせが多すぎて話が複雑になりましたが、とりあえず10/30(日)、ストックオープンに遊びに来てください。そこでゆっくりお話ししましょう!

■『異業種カフェ』とは?

ストックオープンにて不定期に開催される、その日限りの架空のカフェです。燕店主・キタヤとつながりのある、なにかしら面白い仕事・活動をしている人を呼んでコーヒーを淹れてもらい、「こんなユニークな人たちが松本にいるんだ」と知ってもらうための企画。基本的にコーヒーに関しては素人な人がほとんどなので、おいしいかどうかは保障しません。でも、コーヒーを介すると、そこだけほんわかした空間になり不思議と会話が生まれます。あまり人前に露出されることのない業種の人たちなので、お客様にとってもコーヒーを飲みながら普段なかなか知り得ない分野の話を聞けるいい機会だと思います。基本、コーヒーは無料サービスです。