© 2016 zubakuro. All rights reserved.

Yamakava @ 仙丈ケ岳

先週、仲間たちと「南アルプスの女王」仙丈ケ岳(3033m)に登ってきました。

ここ何年かまともに秋山に行けていなかったので、今年こそはと10月上旬の予定をなるべく空けていたのに、、ずーーっと雨、、、。
この日もどうせ雨だろうと諦めていたら、奇跡的な回復。なるべく天気が良さそうで、なるべく紅葉が綺麗そうな山を探したものの、降り続く雨と台風のせいで、今年はちょっとハズレっぽい。

今回のメンバーは、キタヤ、みや、こーじ、ハルの四人。天気が悪かろうが、紅葉が期待外れだろうが楽しめそうな人たち。一緒に山に登るのは以外と初めて。

南アルプス林道バスに乗って北沢峠登山口へ。この時期は始発が9時着の最終バスが16時発。7時間しかないが、、まぁ大丈夫でしょう。登り始めは八ヶ岳を思わせる苔むした樹林帯をひたすら登る。みやちゃんのピンクタイツがひときわ眩しい。

2時間くらいで開けた尾根に抜け、小仙丈ケ岳に到着。この時点でこーじはもうバテバテ。見晴らしの良い尾根を歩き仙丈ケ岳頂上へ。この尾根は何度歩いても気持ちがいい。左手に北岳と富士山、よく言う「一番と二番の背比べ」もよく見える。仙丈ケ岳山頂からはぐるっと360°、北、中央、八ヶ岳、南、富士山、全部見えてど真ん中に立ってる気がする。とても好きな山頂の一つ。素晴らしい景色と開放感の中、みや特製yamakavaスープを味わいながらおにぎりをほおばる。

ここからが時間との戦い。13時20分、下山開始。下り始めてすぐは「下りってテトリスみたいで楽しいよね〜」なんて笑っていたのも束の間。みや&こーじは程なく「生まれたての子鹿」状態に。休ませてあげたいけど、その時間はない。薮沢の紅葉は見頃はもうちょい先か?今年はこんなもんか?ハル隊長がいいペースで引っ張ってくれて、なんとか大平山荘に15時50分に到着。すでに発車していたバスを路上で止めてなんとか乗車。朝のバスで一緒だった方が「もう一組下りてくる」と運転手さんに伝えてくれていたらしい。感謝!

一人で登るのも好きだけど、みんなで登るのはやっぱり楽しいね。

20161012b
20161012c
20161012d
20161012e
20161012f
20161012g
20161012h
20161012i
20161012j