© 2016 zubakuro. All rights reserved.

180°North

いよいよ始まります。

amijok 』の小島剛と『 BIG-O project 』のカザマナオミの二人が、北へ北へ。松本から白馬まで、リヤカー引いて歩いて旅する、通称『 180°North(ワンエイティ ノース)』(正式名称『 One peddler & one drifter 』)。

7/25(月)に松本を出発し、週末には白馬に到着予定。立ち寄った先々でリヤカーを広げ、amijokの剛くんは先月発表された『 ALPSCITY COFFEE 』を出会った人々に飲んでもらい、BIG-Oのナオミくんは自身がデザインしたシルクスクリーンを使って、Tシャツやバックにプリントするという行商スタイル。

そして、月曜の出発を前に、キックオフイベントとして今週末の二日間(7/23,24)、amijok隣の駐車場でリヤカー営業が始まっています。

僕も今日ちょっと覗いてきましたが、暑い中、Tシャツプリント人気でしたね。ナオミくんのデザインがいいのはもちろんですが、同じ版&同じインクで刷っても二枚と同じものができないところが手刷りプリントの魅力。丁寧にお客さんと配色の相談をして、刷り上がったTシャツにみなさん目を輝かせていました。新品の無地Tシャツの用意もありますが、使い古したTシャツなどを持ち込めば、それにプリントしてもらうことも可能。

作業の合間合間には、このワークショップのたぶん本来の目的であろう、インクやプリントがどれだけ水を汚すか、それがどれだけ環境負荷が高いか、無漂白のオーガニックコットンの話などが、さりげなく伝えられていて、Tシャツだけでなくその想いもちゃんとお客さんに届いている様子でした。ナオミくんがプリントしながら「ほんとはプリントなんかしないのが一番いいんですよ!」と言っていたのが印象的。

それぞれ熱い想いを持ったデコボココンビの珍道中。一体どういうことになるのやら。
白馬までの日程やリヤカー営業ポイントなど、詳細は『 One peddler & one drifter 』facebookページでご確認を。なんか歩きたい人は一緒に歩けるみたいですよ。もちろん差し入れも大歓迎。

ゴールとなる『パタゴニア白馬』では、到着した週末(7/30,31)にマルシェイベントも開催されるそうですので、僕らは車で遊びに行ってもいいかもですね。

20160723b
20160723c
20160723e
20160723d
20160723g