© 2015 zubakuro. All rights reserved.

安城にもこんないいカフェが

松本で暮らし始めて、この春で丸8年になります。

地元は愛知県の安城市という、さほど何もないところです。小学校で「安城は日本のデンマーク」と習いましたが、そのことを知っているのはほぼ安城市民だけだということを、だいぶ大人になってから知りました。

年に数回、実家に帰っても娘と堀内公園に遊びに行くくらいで、安城には行きたいお店や美味いコーヒーが飲めるカフェもなく(知らず)、正直時間を持て余していました。

しかし!やっと見つけました。しかも実家から車で5分の近さに。

古道具とカフェ hozo』さん。

古道具の仕入れ先でたまたま同世代のhozoのご主人とお知り合いになり、安城でお店をやっていると聞いてびっくり。「次帰ったときは行きますね!」と約束したものの、帰ったときは定休日だったりしてなかなか行けず、4月頭にやっと伺うことができました。

入ってみてまず感じたのは全体的なクオリティの高さ。
お店の名前のとおり、カフェだけでなく古道具もあるし、さらにお洒落な生活雑貨や作家ものの日用品なども充実している。そのセレクトもかなりよく、それぞれが上手く溶け合ってディスプレイされている。もちろん僕は雑貨よりも古道具の方に目がいくのですが、シンプルで、美しく、かっこいい、僕好みなものばかり。カフェスペースも当然のように素敵で、コーヒーもスイーツも、とても美味しくいただきました。

改装も、相当にこだわってやってます。材料やディテールを見ればよくわかります。“格好つけてます感”が見え過ぎると逆に格好悪くなるんですが、そこもさりげなく、さらっと消しています。

調べたら2011年の年末にオープンしていたらしく、なんで今まで気付かなかったんだろう?
これでもう実家に帰ったときもコーヒーに困りません。知らないだけで質の高いお店が実はもっと安城にもあるのかも知れない。ちゃんと探してみよう。

20150508b
20150508c
20150508i
20150508j
20150508h
20150508l
20150508g
20150508f

▼ ここで、名古屋の林くんとまさかのバッタリ!「なんで居るの?」とお互いにびっくり。
20150508e
20150508d
20150508k