© 2014 zubakuro. All rights reserved.

monkava? or “sotokava”?

松本市大手にあるガレット専門店『monkava』さんの外に、立ち飲みBar『sotokava』がオープンしました。

実はこの『sotokava』、カウンターの設置から始まり、鉢植えの植物、キャンドル関連まで、燕でフルコーディネートさせていただきました。もともとは、monkavaのオーナーシェフである中島さんが、外カウンターに使えそうな板を探してお店に来てくれたのがきっかけで、中島さんのsotokavaのイメージやそこでやりたいことなどをお聞きし、僕からもいろいろと提案させてもらったところ、「カウンターの取り付けまでやってもらえると助かる」「よかったら雰囲気の合いそうな植物を選んで下さい」と話が進み、最終的にほぼ全部やらせてもらうことになりました。

内外装や空間のデザイン・コーディネートというのは、燕としても初の試みでしたが、信頼して任せてもらえたので、とてもやりやすく、そして楽しく仕事ができました。

その『sotokava』では、8月末まで「生ビール最初の一杯500円!(通常680円)」サービスを実施しています。その他にも立ち飲みっぽく気軽にオーダーしやすいようメニューが工夫されています。「本当にビール一杯でも大丈夫」とのことですので、とりあえず一度立ち寄ってみてください。

実は僕自身、monkavaは高級レストランなイメージが強く、最近まで行ったことがありませんでした。でも、いざ行ってみれば全然敷居は高くなく、スタッフは皆フレンドリー。しかもどれを食べてもおいしい!なんで今まで行かなかったんだろう。
それでも、以前の僕と同じように思っている人がきっとまだまだ多く、もっと気軽に立ち寄ってもらえるきっかけになればと『sotokava』が誕生しました。暑い日の仕事帰りに、デートの待ち合わせに。オススメです。

(トップ画像は、7月末にあった『sotokava Opening Party』の時の様子。大きなキャンドルたちはパーティー用に『TOCA』さんがデコレーションしてくれたもので、普段はありません。)

20140803d
20140803f
20140803b
▲ キャンドルホルダーは『TOCA』さんで購入。キャンドルリースはイメージを伝えて『kokageya』さんに作ってもらいました。
▼ 今「松本でお嫁さんにしたいNo.1」と呼び声の高い看板娘がサーブしてくれます。
20140803c

 

▼ 古い商店で使われていた350cmオーバーの棚板をカウンターに流用しました。ずっとそこにあったかのようによく馴染んでいます。
20140803h
20140803i
20140803j